流行っているけど、ウォーターサーバーは安いのか?

ウォーターサーバーはいくらかかるの?

家電量販店や、ショッピングモールなどでウォーターサーバーを販売している姿や、テレビや新聞、インターネットでもCMなどの広告を目にしたことがあると思います。
実際にウォーターサーバーって便利なのか?そして、料金はいくらかかるのか?などなど、たくさんの「?」でいっぱいになっていませんか?
ウォーターサーバーの料金を中心に、ウォーターサーバーについて紹介していきます。
□購入じゃなくて「レンタル」するもの
ウォーターサーバーは、サーバーそのものを購入するのではなく、サーバーをレンタルすることで、自宅にウォーターサーバーを設置することができるのです。
家電量販店や、ショッピングモールで目にする姿は、ウォーターサーバーのレンタルをしませんか?という声かけをしているのですよ。
なので、ウォーターサーバー基礎知識その1として、ウォーターサーバーは「レンタルするもの」ということを覚えていてください。

何に対してコストが発生するの??

「レンタル」することで家庭に設置できるウォーターサーバー。
実際に使うとなったときに、どのくらいコストがかかるのでしょうか。
まず、何に対してコストが発生するのかまとめます!
・サーバーのレンタル料
・お水代
・電気代
この3点に対してコストが発生します。
ではこの3点を細かくいくらかかるのか紹介します。

サーバーのレンタル料はいくら?

コストが発生する3点のうちのまず最初、「サーバーのレンタル料」について。
最近はレンタル料無料のサーバーも多く、レンタル料が発生しても300~1,000円前後。
このレンタル料の中にはメンテナンス費用なども含まれている場合があります。
契約の段階で、レンタル料になにか含まれているのかを確認してみてくださいね。
メンテナンスについても、メンテナンス不要や、自動メンテナンスを搭載したサーバーもあります。注水口やお水の受け皿などのウォーターサーバーのセルフメンテナンスは日常的に発生しますので気をつけてください。
□お水にいくらかかるの?
続いてはお水代。
天然水よりもRO水の方がややお手頃価格になっています。
そして、お水には大きさがいくつか種類があります。メーカーによって異なりますが、だいたい12リットルで1,000円前後となっています。
1ヶ月あたり最低注文数など決まっている場合もあり、こちらもメーカーによって異なるので契約の際にチェックしてくださいね。
一人暮らしの場合、12~24リットル、二人暮らであれば24リットル~が目安です。
お水代は配送料込みで1ヶ月約2,000円前後という感じです。

電気代は?

最後に電気代について。
ざっくりと計算すると月400~2,000円前後。
省エネモードなど、電気代を節約できるモードにすれば節約することができます。

トータルで平均すると月3,000円前後でウォーターサーバーを自宅に設置できるのです。
食費や水道代の節約にも繋がるウォーターサーバー。長い目で見たら、かなりお安いのではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*