パパママ必見!ウォーターサーバーは育児の味方

育児グッズ?ウォーターサーバー

ここ最近、出産準備や出産後にウォーターサーバーを購入する家庭が増えてきているのをご存知でしょうか?
子育て世代向けの情報誌を中心に、赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーをおすすめしています。そして、ママ友同士でもウォーターサーバーをおすすめする声が口コミで広がってきています。
そして、ウォーターサーバーを販売する各社メーカーも、育児を支援するキャンペーンを実施したりとバックアップ体制はバッチリ!
育児とウォーターサーバーの相性の良さを紹介していきます。

口にするならやっぱり安心できるもの!

母乳か、ミルクか。
育児をする上でこの問題に直面するパパママは多いと思います。
「母乳が足りず、ミルクを作ることが増えた」というケースもあったりするのが育児。そんなときに、ウォーターサーバーがあるとミルク作りにとっても便利なのです。
まずは、お水の種類について。
ウォーターサーバーのお水は、天然水とRO水の2種類があります。
天然水は産地がしっかりとわかる安心感があり、RO水は不純物ゼロの限りなく「純水」といえるきれいなお水なので、安心して赤ちゃんが口にすることができるのです。
大人が口にするものが必ずしも、赤ちゃんにとっても安全なものであるとは限りません。
これから育っていくために、赤ちゃんが口にするものは気を遣いたいと考えるのは当然です。
その上で、ウォーターサーバーのお水は安心であり安全だと声を大にして伝えたいのです。

適温がすぐに!手軽さはママの味方

ミルクを作るとき、お湯を沸かさないといけないのって実はママの負担になっているのを知っていますか?
「そろそろおなかすいたかな?ミルク作ろうかな?」のタイミングでスッとミルクを作ることができたら、ママにも赤ちゃんにもどちらもwin-winだと思いませんか?
ウォーターサーバーには冷水だけでなく、温水機能も備わっています。
ミルクを溶かすのに適しているのは70℃のお湯。ウォーターサーバーの温水機能は80℃~90℃ですが、温度設定ができるので70℃前後に設定することも可能です。
お湯を沸かす手間が省け、すぐに適温のお湯が出るのは本当に便利なのです。
ミルクを上手に溶かしたら、あとは人肌までに冷ますだけ!はじめてミルク作りをするときに失敗しがちな温度調整もウォーターサーバーがあれば簡単です。
ちょっと不器用なパパでも、ウォーターサーバーの温水機能を活用すればミルク作りも安心。
子育ては二人三脚です。パパとママの負担が軽くなることはとても大事なこと。
パパの育児参加のハードルを下げる効果も、ウォーターサーバーにはあるのです。

妊娠がわかったら、検討してみると◎

ここまでウォーターサーバーが育児の味方になってくれる理由を紹介してきました。
人間は口にするもので身体を作り上げていきます。
生まれてすぐの赤ちゃんはとくに敏感に気にしないといけません。
それと同時に、赤ちゃんをおなかで育てているとき、つまりプレママのときから口にするものを気にされる人が増えてきています。
その第一段階として、毎日飲むお水をウォーターサーバーに替えてみませんか?
新しい家族を迎える準備として、妊娠がわかったらぜひ、ウォーターサーバーの導入を検討してみることをおすすめします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*