ウォーターサーバー関連

ウォーターサーバーで料理の腕が上がっちゃう!?

ウォーターサーバーは飲むだけじゃない

家庭にウォーターサーバーを設置しているというの、「飲料」、つまり飲み物として活用するためと思っていませんか?
ウォーターサーバーは「飲料」だけのものではないのです!
口に入れるものは、身体を作るエネルギーに代わります。つまり、良質なお水を使っての料理は心身ともに良いということになります。
ウォーターサーバーを使って料理をすることのメリットを含め、簡単にまとめていきますね。

良質なお水は、味を引き立たせる

では、ウォーターサーバーのお水を使って料理をするメリットについて紹介していきます。
まずは、天然水。
天然水は、自然のミネラルを多く含んでいます。ミネラルは食材本来の味を引き立たせます。
そして、ウォーターサーバーの天然水は「軟水」。「軟水」はご飯を炊くのにピッタリ!
「軟水」でご飯を炊くとふっくらつやつやに炊き上がります。お米一粒一粒がしっかりするので食感もよく、お米本来の甘さなどを引き立たせます。
日本の水は古くから「軟水」のため、お米を炊くことはもちろん、和食を作るのに適しているのです。
続いてRO水。こちらは天然水とは異なり、ミネラルを含まない「純水」。
肝機能が高くない赤ちゃんが口にするミルクや離乳食にピッタリな理由は、不純物を含まない「純水」であるからです。妊娠中からRO水を生活に取り入れる家庭が増えているのも、育児の第一歩という位置づけであるのです。
実際に料理をする際は、野菜を使った煮込み料理やスープを作るときにおすすめです。
天然水と同じくRO水も「軟水」です。「軟水」は野菜への浸透が良く、柔らかくなります。
しっかりと煮込むことで野菜をより柔らかく、優しい味を引き出すことができるので、煮込みやスープを作る際はRO水がオススメです。

逆に、○○○はNG

ウォーターサーバーのお水を使って料理をすることのメリットを紹介しましたが、逆に、パスタを茹でるときはウォーターサーバーの「軟水」を使うのはNGなのです。
なぜ、パスタは「軟水」がNGなのか。それは「軟水」が和食にピッタリということと同じ理由です。パスタの本場イタリアの水は「硬水」。つまり、パスタとの相性は「軟水」よりも「硬水」の方が良いのです。
どんな料理にもウォーターサーバーのお水がピッタリ!というわけではないので注意してみてください。

良質な水はあなたの料理に魔法をかける

料理のレパートリーの豊富さだけが料理上手とは言い切れないのです。
食材の持つ本来の良さを引き出すことも、料理上手の条件ではないでしょうか。
お水の種類を知ること。そして、それを上手に使い分けることが、あなたの料理に魔法をかけてくれるのです。
口にするものは身体を作るもの。良質なお水で作る料理は間違いなくあなたの生活を豊かにしてくれます。
そのきっかけとしてウォーターサーバーを活用してみてはいかがでしょうか。

流行っているけど、ウォーターサーバーは安いのか?

ウォーターサーバーはいくらかかるの?

家電量販店や、ショッピングモールなどでウォーターサーバーを販売している姿や、テレビや新聞、インターネットでもCMなどの広告を目にしたことがあると思います。
実際にウォーターサーバーって便利なのか?そして、料金はいくらかかるのか?などなど、たくさんの「?」でいっぱいになっていませんか?
ウォーターサーバーの料金を中心に、ウォーターサーバーについて紹介していきます。
□購入じゃなくて「レンタル」するもの
ウォーターサーバーは、サーバーそのものを購入するのではなく、サーバーをレンタルすることで、自宅にウォーターサーバーを設置することができるのです。
家電量販店や、ショッピングモールで目にする姿は、ウォーターサーバーのレンタルをしませんか?という声かけをしているのですよ。
なので、ウォーターサーバー基礎知識その1として、ウォーターサーバーは「レンタルするもの」ということを覚えていてください。

何に対してコストが発生するの??

「レンタル」することで家庭に設置できるウォーターサーバー。
実際に使うとなったときに、どのくらいコストがかかるのでしょうか。
まず、何に対してコストが発生するのかまとめます!
・サーバーのレンタル料
・お水代
・電気代
この3点に対してコストが発生します。
ではこの3点を細かくいくらかかるのか紹介します。

サーバーのレンタル料はいくら?

コストが発生する3点のうちのまず最初、「サーバーのレンタル料」について。
最近はレンタル料無料のサーバーも多く、レンタル料が発生しても300~1,000円前後。
このレンタル料の中にはメンテナンス費用なども含まれている場合があります。
契約の段階で、レンタル料になにか含まれているのかを確認してみてくださいね。
メンテナンスについても、メンテナンス不要や、自動メンテナンスを搭載したサーバーもあります。注水口やお水の受け皿などのウォーターサーバーのセルフメンテナンスは日常的に発生しますので気をつけてください。
□お水にいくらかかるの?
続いてはお水代。
天然水よりもRO水の方がややお手頃価格になっています。
そして、お水には大きさがいくつか種類があります。メーカーによって異なりますが、だいたい12リットルで1,000円前後となっています。
1ヶ月あたり最低注文数など決まっている場合もあり、こちらもメーカーによって異なるので契約の際にチェックしてくださいね。
一人暮らしの場合、12~24リットル、二人暮らであれば24リットル~が目安です。
お水代は配送料込みで1ヶ月約2,000円前後という感じです。

電気代は?

最後に電気代について。
ざっくりと計算すると月400~2,000円前後。
省エネモードなど、電気代を節約できるモードにすれば節約することができます。

トータルで平均すると月3,000円前後でウォーターサーバーを自宅に設置できるのです。
食費や水道代の節約にも繋がるウォーターサーバー。長い目で見たら、かなりお安いのではないでしょうか?

パパママ必見!ウォーターサーバーは育児の味方

育児グッズ?ウォーターサーバー

ここ最近、出産準備や出産後にウォーターサーバーを購入する家庭が増えてきているのをご存知でしょうか?
子育て世代向けの情報誌を中心に、赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーをおすすめしています。そして、ママ友同士でもウォーターサーバーをおすすめする声が口コミで広がってきています。
そして、ウォーターサーバーを販売する各社メーカーも、育児を支援するキャンペーンを実施したりとバックアップ体制はバッチリ!
育児とウォーターサーバーの相性の良さを紹介していきます。

口にするならやっぱり安心できるもの!

母乳か、ミルクか。
育児をする上でこの問題に直面するパパママは多いと思います。
「母乳が足りず、ミルクを作ることが増えた」というケースもあったりするのが育児。そんなときに、ウォーターサーバーがあるとミルク作りにとっても便利なのです。
まずは、お水の種類について。
ウォーターサーバーのお水は、天然水とRO水の2種類があります。
天然水は産地がしっかりとわかる安心感があり、RO水は不純物ゼロの限りなく「純水」といえるきれいなお水なので、安心して赤ちゃんが口にすることができるのです。
大人が口にするものが必ずしも、赤ちゃんにとっても安全なものであるとは限りません。
これから育っていくために、赤ちゃんが口にするものは気を遣いたいと考えるのは当然です。
その上で、ウォーターサーバーのお水は安心であり安全だと声を大にして伝えたいのです。

適温がすぐに!手軽さはママの味方

ミルクを作るとき、お湯を沸かさないといけないのって実はママの負担になっているのを知っていますか?
「そろそろおなかすいたかな?ミルク作ろうかな?」のタイミングでスッとミルクを作ることができたら、ママにも赤ちゃんにもどちらもwin-winだと思いませんか?
ウォーターサーバーには冷水だけでなく、温水機能も備わっています。
ミルクを溶かすのに適しているのは70℃のお湯。ウォーターサーバーの温水機能は80℃~90℃ですが、温度設定ができるので70℃前後に設定することも可能です。
お湯を沸かす手間が省け、すぐに適温のお湯が出るのは本当に便利なのです。
ミルクを上手に溶かしたら、あとは人肌までに冷ますだけ!はじめてミルク作りをするときに失敗しがちな温度調整もウォーターサーバーがあれば簡単です。
ちょっと不器用なパパでも、ウォーターサーバーの温水機能を活用すればミルク作りも安心。
子育ては二人三脚です。パパとママの負担が軽くなることはとても大事なこと。
パパの育児参加のハードルを下げる効果も、ウォーターサーバーにはあるのです。

妊娠がわかったら、検討してみると◎

ここまでウォーターサーバーが育児の味方になってくれる理由を紹介してきました。
人間は口にするもので身体を作り上げていきます。
生まれてすぐの赤ちゃんはとくに敏感に気にしないといけません。
それと同時に、赤ちゃんをおなかで育てているとき、つまりプレママのときから口にするものを気にされる人が増えてきています。
その第一段階として、毎日飲むお水をウォーターサーバーに替えてみませんか?
新しい家族を迎える準備として、妊娠がわかったらぜひ、ウォーターサーバーの導入を検討してみることをおすすめします。

ウォーターサーバーと一人暮らしの良い関係

実は無敵?一人暮らしにおすすめの理由

新鮮で良質な水を常に飲むことができると人気のウォーターサーバー。
ウォーターサーバーを家庭に設置というと、子育て世帯などを連想していませんか?
一人暮らしにウォーターサーバーなんて、宝の持ち腐れなんじゃないか・・・そんなことはありません!
ウォーターサーバーが一人暮らしにおすすめの理由を簡単に紹介していきますね。

コーヒーや紅茶もすぐ飲める!温水機能

なにかと忙しない一人暮らし。
掃除も洗濯も料理も、学校やバイト、仕事から疲れて帰ってきたあとにやらなければいけない・・・どこかで少し手を抜けないとヘトヘトになってしまいますよね。
そんなとき、ちょっとだけ手助けしてくれるのがウォーターサーバー。
ウォーターサーバーは、冷たいお水はもちろん、温水機能があるのです。
メーカーなど種類によって設定温度は異なるのですが、80℃~90℃。コーヒーが美味しく飲める温度となっています。
お湯を沸かすってなると、やかんに火をかけたり、電気ケトルのスイッチを入れたり・・・少し手間がかかりますよね。ウォーターサーバーならその場ですぐにお湯が使えるのです。
帰ってきてホッとひといきコーヒーを飲んで一服したいなというときや、急な来客でもサッとお茶を出すことができるのです。
そして、カップ麺などを調理する際、望ましいお湯の温度は95℃以上の熱湯なので、ウォーターサーバーのお湯を少し温めるのがおすすめ。
猫舌であったり、熱いものが苦手な人は、ウォーターサーバーの温水機能のお湯で作るカップ麺は程よい温度でこちらもおすすめ。
適度に手を抜くきっかけをウォーターサーバーは与えてくれます。

重たい買い物の手間が省ける

続いての一人暮らしにウォーターサーバーがおすすめな理由を紹介します。
ウォーターサーバーを設置することの一番のメリットは、ペットボトル飲料の消費が減るという点です。
ミネラルウォーターなど2リットルのペットボトルって重たいですよね。その点、ウォーターサーバーは配送頻度を設定すれば買い物の手間が省けます。そして飲み終えた空のボトルも小さく潰して家庭ゴミとして捨てることができるものが増えてきています。
そして、風邪や体調をくずしたときでも、ウォーターサーバーがあれば、いつでも水分補給をしっかりすることができます。体力がないときに買い物に出るのは辛いですよね。その辛さも解消することができます。

卓上サイズのものを選べば、大きなスペースを必要とすることもなくウォーターサーバーを設置することができます。
一人暮らしだからこそ、ウォーターサーバーと良い関係を築きやすいのです。

ウォーターサーバーでワンランク上のおしゃれ生活を

ウォーターサーバー設置場所は増えている

最近ではオフィスや病院、美容室などでもウォーターサーバーを設置しているところが増えてきますよね。
オフィスの福利厚生としてあるフリードリンクとして、ウォーターサーバーを設置していたり、美容室ではカラーやパーマの施術のあいだにあるドリンクサービスにウォーターサーバーのお水を使っていたりしています。
たくさんの人が集まる場所に設置されていることが多く、いろんな場所で手軽に良質なお水を飲むことができるようになってきているのは、個人的には嬉しいですね。
□シンプルなデザインがウォーターサーバーの魅力
たくさんの人が集まる場所に設置されているウォーターサーバー。デザインはとてもシンプルなものが多いですよね。
シンプルなデザインは、どんな場所でも馴染むことができるというメリットがあります。
オフィスなどは、シンプルなデザインのウォーターサーバーもインテリアの一部になってスタイリッシュな印象の空間を演出しています。
つまり、ウォーターサーバーは家電量販店で販売されているものの、インテリア的存在でもあるということ。
良質なお水を毎日の生活のなかで摂るという健康サポートの面だけではなく、家庭用のウォーターサーバーでも、部屋の印象にあわせて好みのデザインを選んでみるという楽しみ方もあるのです。

多様化するサイズと洗練されたデザイン

ウォーターサーバーというと、家電量販店などで展示・販売されている背の高いものをイメージされる人も多いと思います。
ウォーターサーバーの主流のデザインは、そのイメージで間違いありません。
しかし、お水のボトル部分が隠れているものや、お水を注ぐレバーの位置、ボタンの種類など、当然ですが、多種多様バラエティに富んだ洗練されたデザインが多いのをお気づきでしょうか。
子育て世代を中心に、ウォーターサーバーの設置する家庭が増えているのは、生活スタイルに馴染むバライエティに富んだ洗練されたデザインが影響を与えているという部分もあります。
もちろん、背が高いウォーターサーバーだけではありません。単身世代に向け、よりコンパクトな卓上サイズのウォーターサーバーも人気。
卓上サイズということで、これまで背の高い床置きタイプのウォーターサーバーの設置を断念していた人にピッタリ!
お水の容量は、背の高い床置きタイプのものより少なくなりますが、卓上サイズは、これまでベーシックなモノトーンの白や黒が主流だった背の高い床置きタイプとは異なりカラーが豊富。ブラウンやピンク、シルバーなどお部屋の印象に合わせたカラーを選ぶことができるのです。
インテリアを選ぶように、ウォーターサーバーを選ぶのがとても人気です。

良質なお水を摂ることを毎日の生活習慣にするだけでなく、お部屋のインテリアとしてあなたの生活をワンランクアップさせてくれる魅力がウォーターサーバーにはあります。

どれがいいの?ウォーターサーバーの選び方

種類がいっぱいあって選べない!が本音

テレビやインターネット広告でよく目にする「ウォーターサーバー」。実際に使ってみたいけど、たくさん種類があってどれを選べば良いのかわからない・・・というのが本音でありますよね。
今日は、「ウォーターサーバー」を選ぶポイントを簡単にまとめて紹介していきますので、「ウォーターサーバー」を選ぶポイントとして参考にしてみてください。

サイズ選びは慎重に

まずは、サイズから!
「ウォーターサーバー」はレンタルを開始したら、おうちのインテリアと同じく長く一緒に暮らすものになります。そのため、「あれ?こんなに大きいの?」なんてミスマッチがあっては大変です!
まずはおうちのどの場所に設置したいのか。そして、どのくらいのサイズがベストなのか。そこから「ウォーターサーバー」選びはスタートさせましょう。
床置きタイプの「ウォーターサーバー」の平均的な大きさは横幅約300mm、奥行き約320mm、高さ約1,000mmです。この数値はあくまで平均です。
そして、「ウォーターサーバー」を設置する際は前後約10cmほど隙間を作ることが良いということです。
この情報を踏まえ、まずはどのくらいの大きさの「ウォーターサーバー」を設置したい、そして設置できるかというのをイメージしサイズを計ったりしてみてください。

天然水?RO水?

続いての「ウォーターサーバー」の選び方のポイントはお水の種類。
「ウォーターサーバー」のお水は、世代性別問わず気軽に飲むことができる「軟水」がほとんどです。和食を作るのには「軟水」が相性がよいということから日本人の口に合うと言われていることと、身体への負担が少ないので、乳児や妊婦さん、お年寄りにも安心して飲むことができるお水であるということから「軟水」がほとんどなのです。
ここからが選ぶポイントです!
「軟水」にも種類があるのをご存知でしょうか?
「天然水」と「RO水」の2種類があるのです。
「天然水」は、知っている方も多いと思います。
特定水源より採取された地下水のこと。自然により何百年もかけてろ過されてきたお水なので、ミネラルを多く含んだ「きれいなお水」です。コンビニや自動販売機で売られているお水には「○○の天然水」と記載されているものが多いので親近感があるお水の種類ですね。
さて、続いては「RO水」。この言葉は初めて聞いたという方、多いのではないでしょうか。
これは採取したお水をRO(Reverse Osmosis)膜という0.0001ミクロンの超微細孔フィルターの逆浸透膜を
通じて不純物を取り除く方法で製造されたお水のこと。
とても繊細なフィルターを使い不純物を取り除いているので、限りなく「純水」に近いお水とも言われているのが「RO水」です。
「天然水」と「RO水」の違いはミネラル分が含まれるか含まれないか。
最近では「RO水」にも人工的にミネラル分を添加しているお水もあります。
そして、産地が特定されているか、いないかというのも「天然水」と「RO水」の違いです。
これについては個人の好みでもあるので、どちらがよりおすすめ!などという表現は避けたいと思います。

あなたの好みを知ることからはじめよう

「ウォーターサーバー」を選ぶポイント。
「大きさ」そして「お水の種類」を紹介しました。
この2点を軸に、あとはご予算やレンタル期間など細々した情報を集めればOK!
予算やレンタル期間などは、レビューサイトなどを参考にするとより確実な情報をゲットできます。

このポイントさえ押さえていれば、あなたにピッタリの「ウォーターサーバー」に必ず出会えますよ☆